ビーバー部品・消耗品オンラインショップ

三菱重工冷熱

ビーバーエアコンと加湿器ルーミストの関連商品がお買い求めいただけます。

製品はこちら
リモコン
フィルター
蒸発布
イオンフィルター
ご利用ガイド
お問い合わせ
お支払い方法
SSL表記
SSL表記
『リモコン点検方法』リモコンの操作ができない場合

破損か電池の液もれ、水をかけてしまった等明らかにリモコン故障である場合を除き、リモコンの操作ができない場合、リモコンか本体、いずれかの故障が考えられます。
買い替え前に以下の点検をおすすめします。

 
Check1
  手動(本体)での動作確認
 

手動で動作するか確認して下さい。動作する場合、リモコンか本体受信部の故障が考えられます。
手動運転スイッチは、取扱説明書または本体で確認してください。(壁掛けの場合、多くは室内機向かって右側または吸込みグリルを開けた中にあります)
ただし、温度などの設定は出来ず、機種により自動運転または連続運転になります。
動作しない場合は、ブレーカー(電源)が落ちているか本体の故障が考えられますので、点検・修理のご依頼をお願い致します。

 
Check2
  (1) リモコンの電池切れではありませんか?
  (2) リモコン発信部に直射日光があたっていませんか?
カーテン等で遮断してください。
  (3) リモコン発信部にインバーター照明があたっていませんか?
照明をいったん消していただくか、お買い上げの販売店にご相談ください。
  (4) リモコン発信部が汚れていませんか?
柔らかい布で軽く拭き取ってください。
 
Check3
 

リモコン発信部の点検
1.デジタルカメラ(又はカメラ付携帯電話)での点検方法

(1) カメラの液晶画面にリモコン発信部が見えるようにセット。
この時カメラの撮影ボタンは押さずにご確認ください。
(写真上段)
※ファインダーを覗いても見えません。(写 真中段)
(2) このままリモコンの運転ボタンを押す。(リモコンの電池を入れたまま)
(3) リモコン発信部が画面 上に光って見えればリモコンは正常である可能性が高いです。
(写真下段)
紫の小さな光点が一瞬(約0.3秒)見えます。
一部スマートフォン・タブレット端末のカメラモードでは確認できない場合がありますので (赤外線フィルタなどが付いたカメラでは確認できません)、正常に動作しているテレビ等のリモコンでも同様に 一度お試しください。

リモコン発信部の発光例

2.液晶画面での点検方法

液晶表示例

(1) 電池を抜き、液晶に何も表示されなくなるまで運転ボタンを何度か押して下さい。その後、新品の電池を入れ、すぐに液晶画面 を見てください。
又はリセットボタンがあるリモコンは、電池を入れたまま、細いペンなどでリセットボタンを押し、すぐに液晶画面 を見てください。
2秒ほどで通常の表示に戻ってしまいますので、失敗したと思われる場合は再度繰り返して下さい。
(2) 液晶画面に様々な表示が出れば(約1秒)リモコンは正常である可能性が高いです。(写 真左)

 

上記の点検を行い、リモコンが正常な場合は本体の故障が考えられます。
お買上げのお店、または弊社窓口に修理をご依頼ください。
また点検が難しい場合、不明の場合など弊社サービスフロントセンターにお問合せ下さい。

<点検・修理のご依頼>
「サービスフロントセンター」(修理受付、部品、技術相談)
0120-975-365 受付:365日

ページトップへ
 
「ビーバー部品・消耗品オンラインショップ」は、三菱重工冷熱(株)が運営するショッピングサイトです。
特定商取引法に基づく表記サイトのご利用条件個人情報保護方針
© MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES AIR-CONDITIONING AND REFRIGERATION, LTD.